■掲示板に戻る■ 全部 最新50 1- 101- 201- 301- 401- 501-

ユリガミノカナタニ2

1 名前:社長:2016/09/04 00:44:24.091 ID:PNG5mMkE0
邪神スピリットJ あらすじ

鬼のマタギ、ディアナは人魚を狩る狩人を殺すとともに、襲われかけていた幼い人魚ネプトゥーンを助けた。
そして数十年後―――再び狩人を殺したディアナだが、最後の一人の自爆で大怪我を負って海の底に沈んでしまった。

そこには、ネプトゥーンの親が治める竜宮があり、ディアナも人魚の肉を狙った存在と勘違いされた。
それをネプトゥーンは訂正しようとしたが聞き入れられず、ディアナを助けて駆け落ちしようとした。

ディアナに人魚の血を飲ませ、傷を癒したネプトゥーン。
ネプトゥーンは助けられた時から好きになったとディアナに告白し、二人は逃げることにした。

そして―――無事に逃げ、海岸まで上がることができた。

2 名前:社長:2016/09/04 01:13:44.476 ID:PNG5mMkE0
さて――海の底と、地上とでは時の流れは違う。
竜宮での、たった少しの時間は、地上の世界の流れを大きく変えていた。


取り敢えず、ディアナはネプトゥーンと共に、情報屋―長老のもとへ向かった。
依頼自体は終わらせているが、自身は行方不明と扱われていると思われるため、顔見せぐらいは必要だと思ったからだ。

3 名前:社長:2016/09/04 01:19:03.891 ID:PNG5mMkE0
だが、長老は、病気をこじらせ、死にかけていた―――。

長老「………うむ、すまんな…お前が戻らん間に、病魔に蝕まれてしまってな……
   最近は人間がこのあたりに住み着き、鬼達も元居た場所へ帰り――後釜も居ないから、お前に頼む依頼もない……」

ディアナ「そう……取り敢えず、あの依頼は終わったと見なしていいか?」

長老「ああ………報酬額を念のため取っておいてよかった、これだ…」

ディアナ「うむ……」

長老は、その後、ディアナの袖を掴み、後ろに隠れていたネプトゥーンに気が付いた。

4 名前:邪神スピリットJ:2016/09/04 01:20:40.990 ID:PNG5mMkE0
長老「そちらの嬢ちゃんは、…恋人、か……?」

ディアナ「そのような存在かもしれないな」
ネプトゥーン「はっ、はい…」

ネプトゥーンは、ディアナ以外に初めて話す、外界の存在に緊張していた。
その長老の目は、ネプトゥーン自身が人魚であると理解しているようであり、なおさら―――。
選んで外に来たけれど、やはり自身は人魚だから―――。

5 名前:邪神スピリットJ:2016/09/04 01:22:02.006 ID:PNG5mMkE0
長老「……いい目をしている、ディアナともずっと生きていけるだろう…」
だが、長老は少し呟いただけだった。突っ込みもせず、深くも聞かず。

ネプトゥーン「あ、ありがとう…」
その反応に、少し驚きながらも返答し、ネプトゥーンは頭を下げた。

長老「ディアナよ、お前は元気でやってくれ…ネプトゥーンも、な」

ディアナはその言葉に一礼し、ディアナ達は長老のもとを後にした。

6 名前:邪神スピリットJ:2016/09/04 01:31:40.354 ID:PNG5mMkE0
次にディアナ達は、ディアナの隠れ家へと行った。
ディアナの隠れ家は、時の流れによって少し古びたところもあったが、
あらかた問題ないままで、武器なども其のまま残っていた。

ディアナ「ふむ……少々ガタがきているのもあるが……問題ないようだ」
その後ディアナは、冷静に武器の様子を確認した。


そんなディアナの姿に、ネプトゥーンは見惚れていた。
その手慣れた動きが、どれだけマタギとして生きてきたかを表している。

7 名前:邪神スピリットJ:2016/09/04 01:40:11.459 ID:PNG5mMkE0
そうこうするうち、ディアナは武器の点検を終えたようで、ネプトゥーンを見つめた。
ネプトゥーン「ど、どうしたの、ディアナ?」

ディアナ「俺を、じいっと見ていたが……此れらの武器に、興味があるのかい?」

本当はそれよりも、ディアナに興味があったけれど、実は武器にも興味があった。

ネプトゥーン「わぁ……ディアナ、これはなあに?」
ネプトゥーンは、もともと好奇心で海の底からこっそり抜け出したほど、好奇心が強い。
だから、見た事もない武器ひとつひとつに、子供の様に目を輝かせた。

ディアナ「ああ、此れは―――」
そして、其の度に、ディアナはネプトゥーンに丁寧に教えてあげた。

8 名前:邪神スピリットJ:2016/09/04 01:42:33.510 ID:PNG5mMkE0
其の後、二人は禊をした。

ネプトゥーンの身体は、ザンの名に違わぬ、美しく透き通った白い肌と、しなやかな線から成っていた。
一方、ディアナの身体は、過剰でも過少でもない、程よい筋肉が付き、体中に傷痕のある、
―――まさに、鬼と言われて思い浮かぶ身体をしていた。


9 名前:邪神スピリットJ:2016/09/04 01:43:23.859 ID:PNG5mMkE0
ディアナは別段、他人の身体について、戦いでどう動くか、ぐらいしか考えない性分な為か、
ネプトゥーンの身体を見ても何も感じなかったけれど、ネプトゥーンはディアナの身体を見て、心をきゅんっとさせた。

その筋肉と身体の傷が、格好良く見え、其処に相見える女らしい身体の線が美しかったからだ―――。

10 名前:邪神スピリットJ:2016/09/04 01:48:14.611 ID:PNG5mMkE0
また、ディアナはネプトゥーンの其の感情に気付くことはなかった。
ネプトゥーンが顔を赤らめていたのも、水に囲まれない生活で、禊をしたためと考え、さっさと禊を済ませた。

ネプトゥーンは、ぼうっとしていたけれど、ディアナに肩を叩かれ、はっと気が付いた。

ディアナ「ネプトゥーン、ぼうっとしていたようだけど……」

ネプトゥーン「あ、あっ、だ、大丈夫っ」

ディアナ「そうかい…?外で禊をすることは、慣れないだろうから、手伝おうか?」
顔を赤らめて慌てるネプトゥーンの手を、ディアナは優しく握ってあげた。

ネプトゥーン「ほ、本当に、大丈夫だからっ」
ネプトゥーンは、慌てながら、禊を済ませた。

11 名前:邪神スピリットJ:2016/09/04 01:48:55.873 ID:PNG5mMkE0
そうしていると、やがて夜が更けた。

初めて見る月にもネプトゥーンは心を躍らせ、ディアナはその様子を優しい目で眺めていた。

12 名前:社長:2016/09/04 01:52:04.660 ID:PNG5mMkE0
更新終わり。今更だけどディアナは俺っ娘です。

13 名前:社長:2016/09/04 02:12:25.370 ID:PNG5mMkE0
ディアナ
・身長  :183cm
・体重  :73kg
・スリーサイズ:108-63-97
・髪色  :金
・目の色 :黒
・利き手 :両利き
・一人称 :俺
・得意なこと :銃などの、遠距離攻撃をする武器の扱い
・不得意なこと:恋の行方を読む事

http://dl1.getuploader.com/g/kinotakeuproloader/836/diana.jpg

14 名前:社長:2016/09/04 02:20:23.272 ID:PNG5mMkE0
ネプトゥーン
・身長  :157cm
・体重  :49kg
・スリーサイズ:80-57-79
・髪色  :青
・目の色 :緑
・利き手 :右利き
・一人称 :わたし
・得意なこと :泳ぎ、家庭的なこと
・不得意なこと:戦い

http://dl1.getuploader.com/g/kinotakeuproloader/837/neptune.jpg

ネプトゥーンの【力】
壁を泳ぐことができる。対象は自身と、自身が触れているもの。
あくまで自身が壁と認識したものが限定で、例えば壁から空中に飛び出すと普通に転落する。

>>13
あとディアナの眼は青色の設定だった。

15 名前:邪神スピリットJ:2016/09/22 23:43:28.491 ID:t43rV0Uw0
ディアナは、これまで孤独に生きていたから、何にでも興味を示すネプトゥーンが新鮮だった。
新しいものを見て、心踊らせる気持ちよりも、冷静に見る性格であるため、なおさら――。


ネプトゥーンは、空に浮かぶ月を見ていたが、ふとディアナの優しい横顔が目に留まった。
格好良い、凛々しい顔貌の、其の鬼の表情が、その姿が、心を揺さぶってたまらない。

ネプトゥーンの頬は、紅色に染まり、其れを隠すように両手で頬を抑えた。

16 名前:邪神スピリットJ:2016/09/22 23:45:29.032 ID:t43rV0Uw0
ディアナ「ん……?」

その視線にディアナも気が付き、ネプトゥーンをじいっと見つめた。

ネプトゥーン「あ、あの……ディアナっ」
ネプトゥーンは、恥ずかしそうに、ディアナの手をぎゅうっと握りしめた。

ディアナ「ん……?どうかしたかい?」
其の行動に、ディアナは優しい声色でネプトゥーンに話しかけた。

ネプトゥーン「そ、そのっ
       子供っぽいお願いかもしれないけれど、そのっ、一緒の、一緒のお布団で寝たいんだけれど…」

ディアナ「わかった、布団に行こう」

二人は、寝床に行った。


17 名前:邪神スピリットJ:2016/09/22 23:51:02.297 ID:t43rV0Uw0
寝床で、一つの布団にディアナとネプトゥーンは、くっついて入った。

ディアナは布団を仰向けになり、頭の後ろで手を組んでいると、ネプトゥーンがじっとディアナの顔を見た。
何か―――とディアナが問おうとするが、それは声にならなかった―――。


ネプトゥーン「ん……っ……」
ネプトゥーンは、ディアナの唇に自分の唇を重ねた。

ディアナ「――――はぁっ、んっ…」
柔らかな唇の感触が、ディアナの唇に伝わり、さらにネプトゥーンの柔らかな舌がディアナの舌をなぞった。
味わったことのない初めての感覚に、ディアナはそのまま、されるがままに舌を絡み合わされた。

18 名前:邪神スピリットJ:2016/09/22 23:51:40.883 ID:t43rV0Uw0
気が付くと、ディアナとネプトゥーンの口の間に唾液のアーチが出来ていた。
頬を紅潮させたネプトゥーンは、甘えた二つの瞳でディアナを見つめた。

ネプトゥーン「……その、好きな者とは、こうするのが、そのっ、習わしなのっ
       あのっ、だからっ」
ディアナは、恥ずかしがりながら、そう答えるネプトゥーンを見て、其れが求愛行動だと理解し、
自身の仰向けに横たえた身体を起こして、ディアナは、ネプトゥーンの唇に自身の唇を重ねた。

19 名前:邪神スピリットJ:2016/09/22 23:54:58.354 ID:t43rV0Uw0
ネプトゥーン「えー――?」
紅潮した頬のまま、困惑するネプトゥーンに、

ディアナ「―――なら、俺もそうした方がいいだろう
     俺は、ネプトゥーンが好きなのだから――ね?」
―――そう告げた。


ディアナも、ネプトゥーンの血を貰った時に、恋心を覚えたからだ。
その後、二人は布団の中で、顔を見合わせ、互いに手を重ね、身体の距離を狭め、身体を重ね合った―――。


20 名前:社長:2016/09/22 23:55:51.769 ID:t43rV0Uw0
「ベッドシーンは?」「カットマン」

21 名前:社長:2016/09/25 03:47:10.442 ID:GWlG.Qno0
http://dl1.getuploader.com/g/57e6c9f4-a2a8-40db-9db3-06cbb63022d0/kinotakeuproloader/864/%E3%81%B2%E3%81%A8%E6%99%82%E3%81%AE%E3%81%99%E3%82%8C%E3%81%A1%E3%81%8C%E3%81%84.txt

某氏の要望 ひと時のすれちがいのベッドシーンあり版
まあそこまですごいようなものではないけど。

22 名前:たけのこ軍 791の人:2016/09/25 19:48:02.493 ID:M5f5C5X.0
ありがとう!満足!

23 名前:邪神スピリットJ:2016/09/26 00:22:46.343 ID:0mx6uDdw0
身体を重ね合った朝、ディアナは朝日が昇るぐらいの刻に起きた。

ディアナは、隣で眠っているネプトゥーンを見つめ、その寝顔をじっと見ていた。

百の年をとうに越している彼女は、自身が産まれ、家族と過ごした事などまるで覚えていなかった。
それに、昔から愛という事柄には興味はないまま生きてきた。

だが、今は、ネプトゥーンという存在が居る。
初めて恋心を覚えた人魚の、優しい寝顔が、何故か心を安らかにさせた。


24 名前:邪神スピリットJ:2016/09/26 00:23:20.089 ID:0mx6uDdw0
そして、昨日の夜に身体を重ね合わせたまま、いつしか眠ったため、
二人とも生まれたままの姿であった事も相まって、昨夜の様に頬を桜色に染めた。

ネプトゥーン「あっ、あっ……その、こんな、慌てちゃって、えっとっ」

何とか言葉を紡ごうとするも、言葉にならない。

25 名前:邪神スピリットJ:2016/09/26 00:24:27.528 ID:0mx6uDdw0
ディアナ「大丈夫―――俺は、ネプトゥーン、君の事が好きなんだ
     慌てなくていい、離れたりもしないさ」
そんなネプトゥーンに、ディアナは優しい表情と共にキスをした。

ネプトゥーン「あ――」
ネプトゥーンの、糸が絡まり巻き付いて惑った心は、その言葉と行動で解け、気持ちが解れ――。

ディアナ「さ、服を着て、朝飯にしよう―――」


ネプトゥーン「うんっ!」
笑顔で、ディアナの言葉に応えられるようになった。


いつしか、空には朝日が昇っていた―――。

26 名前:邪神スピリットJ:2016/09/26 00:28:14.797 ID:0mx6uDdw0
――――それから、ディアナは、マタギの一員として狩りをしていた。
以前と違うことは、かつては専ら長老の依頼で狩りをしていたが、種族を問わず様々な存在から依頼を受けるようになったことだ。

また、ネプトゥーンは、ディアナと一緒に鍛錬するようになった。
その甲斐あってか、ディアナほどではないものの、鍛えた兵士に襲われた時に、即座に反撃できるほどの護身術が身に付いた。

最も――彼女は戦いが好きではないから、其れを積極的に使う事はなかった。
もっぱら彼女は、隠れ家を守り、家事を行い、時々食料の調達をしていた。

27 名前:邪神スピリットJ:2016/09/26 00:28:47.241 ID:0mx6uDdw0
そして、時の流れと共に銃なる武器も作られた。
ディアナは、遠距離戦用の武器に才能があり、銃の其れも同じくあった。
銃は、攻撃射程距離を飛躍的に伸ばし、ディアナの武器として多く使われるようになった。

ディアナの才能は、唯上手いと言うだけではなく、
遠距離から、針の孔ほどしか見えぬ猛獣の急所を狙い撃ったり、枝葉で隠れた獣を読み撃ちする等、
常人では会得することのできない技術すら可能にするほどに、満ち溢れていた。

28 名前:邪神スピリットJ:2016/09/26 00:30:27.263 ID:0mx6uDdw0
そうやって、二人は何年過ごしただろう―――。
狩りをする暮らしだけではなく、時には二人はぶらぶらと適当に旅をした。

美しい湧水のある農村、めっぽう強い巫女がならず者を倒した伝説のある村、甘くとろける、お菓子の本場の街―――。
その景色などに触れ、その土地のものを楽しみ、また、二人の愛の絆を、心で、身体で、確かめあったりもした。

29 名前:社長:2016/09/26 00:33:48.835 ID:0mx6uDdw0
ディアナとネプトゥーンの関係というかコンセプトは、
仕事人間と専業主婦みたいな感じだけどディアナはフツウに家事はできる設定。

ちなみにディアナは大戦に参加したら普通にさくっと撃破王取れる実力があるらしい。

30 名前:邪神スピリットJ:2016/10/02 20:02:33.090 ID:7MO0iTZI0
――――ある日、ディアナは狩りの依頼を受けある山に来た。
標的はある【天狗】―――。人間を獲って喰うらしく、近隣の里の住人が多数死体で見つかったという。
また、きれいだと言われている女は死体すらも見つからないらしい。
里には【天狗】に立ち向かえる人間も居ないため、里の人間の一人が依頼し、ディアナがそれを果たしに行ったのだ。

31 名前:邪神スピリットJ:2016/10/02 20:02:54.063 ID:7MO0iTZI0
ディアナは武器を懐に仕舞い、険しい岩山を身一つで登って行った。
山の中腹に辿り着いた時、何者かが来る気配を感じ、ディアナは、さっと岩陰に身を潜めた。

32 名前:邪神スピリットJ:2016/10/02 20:03:13.850 ID:7MO0iTZI0
ディアナ「………」
上空で、銀髪の天狗が一匹羽ばたいていた。

顔は優男といった風で、一見人喰い天狗の様には見えなかった。
だが、直感的に彼の人が狩る対象だと察知した。


33 名前:邪神スピリットJ:2016/10/02 20:03:26.443 ID:7MO0iTZI0
奴からは、血の匂いが―――拭っても消せぬ、命を奪った者だけが分かる独特の匂いがしたからだ。
ディアナの隠れ家には禊をする場所があり、ディアナは毎晩禊をしている。

それは、狩る対象に、自身の匂いを気取られないためだ――。
だが、それでも、時々幾つもの修羅場を経験した獣は、命を奪ったディアナを察知することがある――。

ディアナはマタギとして数々の狩猟をこなし、其れを知っていた。
そして何時しか、ディアナもその血の匂いを理解できるようになったのだ―――。

34 名前:邪神スピリットJ:2016/10/02 20:03:48.270 ID:7MO0iTZI0
ディアナは、身を隠しながら、恐らく奴の棲家で在る山の頂上へ登って行った。
其処には、天狗の隠れ家らしき洞穴があった。

ディアナは様子を伺い、中で聞こえる声に耳を傾けていた。

男の声「オラぁッ!いつ産まれるんだァ!さっさと産めっ、このアマァ!」

女の声「っ……うっ、うっ………」

男の声「けッ、俺が帰ってくるまでに産まなかったら、腹の子もろとも殺して喰うからな…
    そして、また里の人間でもさらってやるさ」

35 名前:邪神スピリットJ:2016/10/02 20:05:12.037 ID:7MO0iTZI0
ディアナ(……標的で、合っているな)

そして、ディアナは洞窟の入り口の近くで身を潜め、
肩を怒らせて外に出た天狗が外に出たのを見て、懐に隠した銃を抜き、天狗の頭を撃ち抜いた。

ディアナ「………脈もなし、息もなし、念のために首の骨を折っておこう……」
そして、天狗が死んだことを確認し、洞穴の中へ入って行った。

36 名前:邪神スピリットJ:2016/10/02 20:05:31.034 ID:7MO0iTZI0
洞穴の奥には、散らばった人骨、そして、赤ん坊を抱えた女が居た。

女「だ、誰っ……?」
女は怯えた表情で、ディアナを見つめていた―――。

ディアナ「俺は、ディアナ……
     里の人間に頼まれて、天狗狩りをしに来たマタギだ」

女「えっ……
  ま、まさか……あ、あいつを……」

ディアナ「此の手で殺したよ――
     失礼かもしれんが、洞穴に入った時に、会話が聞こえてね

     それで、奴を狩るべき対象と認識した」

37 名前:邪神スピリットJ:2016/10/02 20:06:38.726 ID:7MO0iTZI0
女「あ、ああ――――
  やっと―――やっと、誰も喰われることが、無くなるんだ――

  ありがとう―――ディアナ、さん……」
女は安堵した表情を見せた。

ディアナ「……そうなるだろう
     ところで、貴女(アンタ)と、その赤子は如何するのかな……

     其の身体では、山を一人では下れんだろう
     俺が手を貸そうか――?」

女「………あ、あの」

ディアナ「ん?」

女「わたしは、もう――もう、疲れてしまいました
  どうか、この赤ちゃんだけ―――赤ちゃんだけを、下山させて……」

38 名前:邪神スピリットJ:2016/10/02 20:06:56.806 ID:7MO0iTZI0
ディアナ「貴女は、此処で死ぬ――と言う事で、いい?
     それと―――その赤ん坊は、里の誰に渡せばいいのか教えて欲しい」

女「はい……
  でも、赤ちゃんはあいつとの子……だから、羽が生えている……

  里の人は、天狗に恐怖しているし、恨みを晴らすかもしれないから…
  別の、安全なところに、送り届けて……」

ディアナ「分かった―――
     そして――此処で、俺は貴女にとどめを刺すが――それでいい?」

ディアナの問いに、女は無言で頷いた。
ディアナは懐の銃を抜き、一発の弾丸で女を撃ち殺した。
そして、産声をあげている赤子に目をやった。

39 名前:邪神スピリットJ:2016/10/02 20:07:17.604 ID:7MO0iTZI0
ディアナは、その赤子を拾い上げると、不思議なことに気が付いた。
ディアナ「此の天狗の赤子―――両目の色が、違っている―――
     異相の子、か………」

其の後、ディアナは天狗の赤子を棲家へ持って帰った。

40 名前:邪神スピリットJ:2016/10/02 20:10:14.388 ID:7MO0iTZI0
ネプトゥーン「お帰り、無事に済んだんだ……え、えと…この赤ちゃんは?」
ネプトゥーンは、突然のことに面食らい、困惑した表情をしていた。

ディアナ「俺が狩りに行った人喰いの天狗が、女に産ませたものらしい―――
     女に赤子を頼まれた―何処か安全な処に送り届けて欲しいと―――」

ネプトゥーン「そうなんだ……で、この赤ちゃんを…どうするの?」

ディアナ「この赤子は、適当な天狗の里に送り届けるのもいいかもしれん――
     だが偶然、俺と出会った―――これも一つの運命だ、と俺は思った

     ならば、何かの縁ということでこの赤子を、育てようと思って、ね―」
ディアナは、優しい表情で赤子を見ていた。

ネプトゥーン「そういうことなら、問題ないよっ
       それに、わたしたちじゃ、子供はできないし―――」
ネプトゥーンは、ディアナの表情を見て、さらに彼女が好きになった。
少し顔を赤らめ、照れた表情を見せながら大きく頷いて、赤ん坊を撫でてあげた。

41 名前:邪神スピリットJ:2016/10/02 20:10:47.945 ID:7MO0iTZI0
二人は、天狗の赤子を育てることにした。
永久に生きる運命を背負わずに独り立ちさせる為に、余計な事をする【ザン】の血は、使わずに―――。

名は、アポロと名付けた―――。

42 名前:社長:2016/10/02 20:12:21.375 ID:7MO0iTZI0
この天狗は天狗ヶ里殺人事件に出てきた天狗の仲間という裏設定があるらしい
ちなみにまだ姿形出てない百合神様なら式神を使ったおとり作戦を使いそう。

43 名前:邪神スピリットJ:2016/10/22 01:21:22.352 ID:jaKMg8Jg0
赤子はすくすくと育ち、美しい銀色の髪と、右に琥珀色の、左に翡翠色の瞳を持つ少女になった。
純粋無垢で明るい性格の少女に―――。


アポロ「ねぇ、この恋物語―――胸をわくわくさせるね…
    僕も、この話の様な、綺麗な恋がしたいな……」

読書が好きで、色々な本を読む度に顔を明るくし、その魅力を伝える子。


ディアナ「―――
     ―――――という方法で、此の様にして、獲物を狩った……」

アポロ「成程……やっぱり、獲物の視点で視ると言うことが需要なんだねっ」

また、ディアナの【仕事】の話も聞き、其れにも興味津々の様子だった。


44 名前:邪神スピリットJ:2016/10/22 01:23:33.690 ID:jaKMg8Jg0
アポロ「う、どうして出ないの……どうしてっ
    精神力を引き出す―――引き出しても、まったく何も使えないのっ――?

    僕は、僕は、天狗として………」

ネプトゥーン「落ち着いてっ……
       焦らないで……わたしたちは、見棄てないからっ…」

だが――アポロは天狗でありながら、空を飛ぶことが出来なかった。
天狗というものは、風の術を用いて空を飛ぶ生き物だが、アポロは何故か、風の術を使うことが出来なかった。

アポロは羽の生えた人間、といえる存在だった。
天狗の里では、不具の者――ずっと飛ぶことのできない者は要らないと、殺す処も多いと聞く。

独り立ちをさせたくとも、難しい―――。

45 名前:邪神スピリットJ:2016/10/22 01:23:47.929 ID:jaKMg8Jg0
アポロ「ねぇ、ディアナ、ネプトゥーン……僕は……」
ネプトゥーン「大丈夫―――ずっとわたしたちの処に居てもいいから、ねっ」

ディアナとネプトゥーンは、アポロとずっと暮らす事を決めた。


46 名前:邪神スピリットJ:2016/10/22 01:24:20.407 ID:jaKMg8Jg0
三人は、まるで親子のような関係になっていた。

最も、親にあたるディアナとネプトゥーンは両方とも女だから、一般的な親子とは、少しだけ違うけれども―。

47 名前:邪神スピリットJ:2016/10/22 01:25:07.217 ID:jaKMg8Jg0
アポロが9歳の頃、旅をしようと三人は色々な処を巡った―――。

そして、とある街に辿り着いた。
街は平和で活気に溢れ、いい宿もあったので、其処を拠点に数日間滞在することにした。

48 名前:邪神スピリットJ:2016/10/22 01:26:57.659 ID:jaKMg8Jg0
ディアナは武器を買うために一度二人から離れ、ネプトゥーンとアポロはその間、街をぶらぶら歩いた。
―――そんなとき、二人の前に少年たちが現れた。


少年達は、アポロのその眼を見て、「呪われた奴がいるぞ」などと声を荒げ、仕舞には石を投げようとした。
ネプトゥーンは、さっとアポロの前に立ちはだかろうとした―――が、その前に一人の少女が大声を出していた。

49 名前:邪神スピリットJ:2016/10/22 01:28:57.433 ID:jaKMg8Jg0
少女「―――やめなさいっ、あなたたちっ!」

アポロぐらいの歳の、短めの髪の、美しいみどりの黒髪の、百合の綺麗な髪飾りをした少女が、アポロの前に立った。
どうやら、少女には、少年達は敵わないらしく、蜘蛛の子を散らすように逃げて行った。

50 名前:邪神スピリットJ:2016/10/22 01:29:47.242 ID:jaKMg8Jg0
ネプトゥーン「あ、助けてくれたの…ね、助けてもらってありがとう……
       何とかしようとしたら、貴女が来てくれて、助かったわ
       よそものだから、もし何かやらかしたら、問題になるかもしれないし」
ネプトゥーンは礼の言葉を告げた。

少女「いいんですよ、これぐらい…あいつら、けっこう悪がきで…さっきのも、からかうためにやったのとは、思うんですけどね」
少女は丁寧にネプトゥーンにお礼を言いながら、少年達が逃げて行った方向を見つめた。

そして、アポロも「ありがとう」と、少女に礼を言った。
ネプトゥーンは、其の後、少女と共に喫茶店で休息することを決めた。

51 名前:邪神スピリットJ:2016/10/22 01:35:00.903 ID:jaKMg8Jg0
アポロと少女――その名はユノ――は、偶然にも同い年だった。
それが故、話も弾み、ネプトゥーンはその様子をにこにこしながら眺めていた。
しかし、その時間は永遠と続かず―――やがて、空が茜色に染まるころには、ユノも家に帰らねばならなかった。

アポロは、まだまだ、ユノとの触れ合いが足りないと思ったのか、ユノに言った。
アポロ「僕たち、しばらくこの街にいるから、ね?一緒に、またお話ししよう?」

ユノ「―――え……うん、わかった、いいよ!」
ユノは、その発言に呆気にとられたようだったが――すぐに、にっこりと笑って、快諾してくれた。

52 名前:邪神スピリットJ:2016/10/22 01:36:18.937 ID:jaKMg8Jg0
ネプトゥーンとアポロは宿に帰り、ディアナにユノとの出会いを話すと、
ディアナ自身がアポロを守れる位置に居なかったことを自省していたが、アポロとユノとの友情が芽生えた事を祝福してくれた。


53 名前:邪神スピリットJ:2016/10/22 01:37:35.444 ID:jaKMg8Jg0
そして翌日から、アポロとユノは一緒に遊んだり、話したりするようになった。
ユノは、この街の市長の娘だという―――だから、恐らく件の少年達も逃げたのだろうか。
家族は市長である父と妹ひとり――それと、家政婦―――ユノの母親は、妹を産んだ時に亡くなったという。
彼女の記憶にある母親は、神に仕えるもののような雰囲気を持っていた人らしく、その血が受け継がれているのか、彼女の髪もそう見えた。

また、市長は人柄のいい人物らしく、この街が平穏に保たれているのもその為らしかった。

54 名前:邪神スピリットJ:2016/10/22 01:40:00.661 ID:jaKMg8Jg0
其の様子を、ディアナとネプトゥーンは見守っていた。
けれども、ユノは人間、アポロは天狗―――アポロの服装は、羽が服装の一部に見えるような服を着ていたから違和感はないけれど、仲が深くなればいずれ分かる。

二人は、此の幸せな時が永久に続かない事に悩みながら、楽しそうなアポロとユノを見守っていた。

55 名前:社長:2016/10/22 01:42:14.527 ID:jaKMg8Jg0
某エヴァーグリーン・ソーマ氏の許可は得ています!

56 名前:社長:2016/10/22 01:54:00.221 ID:jaKMg8Jg0
アポロ
・身長  :132cm
・体重  :30kg
・スリーサイズ:62-49-67
・髪色  :銀
・目の色 :右眼は琥珀色、左眼は翡翠色
・利き手 :左利き
・一人称 :僕
・得意なこと :本を読む事、そして得た知識で思考する事。
・不得意なこと:天狗の風の術

http://dl1.getuploader.com/g/kinotakeuproloader/886/Apollo.jpg


―アポロは風の術が使えない。
ヤミや、他の話で出てきた天狗は風の術が使え、その力も使って空を舞っている。
何故使えないのか―――それはもう少し先でわかるが、一体如何して、彼女はそうなのか―――。

若しかすれば、天狗と人の間から産まれた子のためなのだろうか?
其の真の理由は、だれにも分からない……。


57 名前:邪神スピリットJ:2016/10/23 21:32:00.438 ID:EkIxVLm.0
数日が経った。
―――そろそろ街を発たねばならぬ時が来た。

アポロは、永遠に居るという選択肢も考えたが、アポロは自身が天狗で在る事を考え、街を出る事を決めた。


そして、ディアナとネプトゥーンにこの街を経つ前日の日――、ユノに、自身が天狗で在ることを告白していいか―と問うた。
二人は、ユノが秘密を絶対に洩らさないこと――それを約束することを条件に、許可した。


58 名前:邪神スピリットJ:2016/10/23 21:39:17.990 ID:EkIxVLm.0
次の日―――。

アポロは、ユノに明日街を出て行くこと、そして自身が天狗である事を話した。
ユノ「そっか、さびしくなるね――
   アポロちゃんは、人とは違うイキモノなんだ―――すごいっ」

アポロ「そう言ってもらえるなんて…お世辞でも、うれしいな
    でも、此れは誰にも話しちゃ駄目なことなの…僕たちだけの、秘密だよ?」

ユノ「うん、わかった…秘密だよ―――」
アポロ「ユノちゃん――――」

ユノ「なら、わたしも秘密を…誰にも話してはいけない秘密を、教えるね
   わたしのお母さんは……なんでも、遠い国で神に仕えていたらしいの

   そして、神の【剣】を持ってて、其れが家に封じてあるの……」


アポロ「秘密……僕の秘密と比べると、なんだか大きい秘密だけど
    ありがとう、ユノちゃん……」

そして二人は、秘密を心に仕舞う合図のように―――口づけをした。

59 名前:邪神スピリットJ:2016/10/23 21:45:26.686 ID:EkIxVLm.0
ユノ「これで、遠くに、行っちゃうんだね――
   また逢えたらいいけれど、難しくなるかもね―」
ユノの顔は、どこか寂しそうだった。

そんなユノの顔を見て、アポロはふと思いついたことを口に出した。

アポロ「そうだね―そうだ、持っているものを交換しよう?」

ユノ「持っている、もの?」
ユノはきょとんとした顔で見つめたけれど、直ぐにその意図を理解したらしい。

ユノ「そうだね、持っているものを見て、想い出すことができれば――」

アポロ「うん―――僕は――持っているというと、変だけど――僕の背中の、此の羽を」

ユノ「うーん……じゃあ、わたしは、この髪飾りを――」

アポロ「ありがとうっ、
    ――ずっと、ずっと友達、だよ?」

ユノ「うんっ!
   そしてもし、大人になった時、また会えたらいいねっ」


ユノは羽を、アポロは髪飾りを受け取り―――別れのさみしさを隠すように、笑顔で別れた。


60 名前:邪神スピリットJ:2016/10/23 21:46:56.487 ID:EkIxVLm.0
―――その様子を……
遠くから見守っていたネプトゥーンとディアナにも気づかれない死角で、聞いていた【男】が居た。


男「…………くくっ、こんな処で巡り合うとは、な……
  其れにあの少女……いい名前だ……」



61 名前:邪神スピリットJ:2016/10/23 21:51:38.642 ID:EkIxVLm.0
―――そして、ディアナ達が街を去る前日の夜。

その【男】は、街を歩いていた。


名はユピテル―――筋骨隆々とした体格のいい男だが、その目つきは鋭く、人ではない――悪魔であった。
深緑色のコートを羽織り、そいつは市長の家に乗り込んだ。


ユノとアポロの会話を聞いて知った情報、封印された【剣】―――。
ユピテルは其れを求めて乗り込んだ。

ユピテルは雷を操る力を持ってして、家を荒らし、眠っていた【剣】を掘り起した。



62 名前:邪神スピリットJ:2016/10/23 21:52:27.166 ID:EkIxVLm.0
―――雷を操る力があるということは、轟音が響き渡るという事であり、街中にも其の音は響いた。
ディアナ達もそれに気が付き、市長の家に辿り着いた時には、家は業火に包まれていた。

それと共に、街の辺りにも雷の力により火が付き、辺りは阿鼻叫喚になってしまった。

アポロは、ディアナ達の制止も振り切り、街へ、市長の家へ駈け出して行った。

63 名前:邪神スピリットJ:2016/10/23 21:53:46.029 ID:EkIxVLm.0

市長の家は、業火に包まれていた。
業火の中から、アポロの前に、―――緑色の悪魔、ユピテルが、ユノを抱えて現れた。
その顔つきは険しく、頭に生えた猫のような耳をすこし跳ねてアポロを見つめていたが、
邪魔だと言わんばかりに、アポロに雷を飛ばした。


だが―――雷はアポロの身体に当たる前に、消滅した。
二度三度雷を飛ばしても受け付けぬアポロに気味の悪いものを覚えたユピテルは、ユノを投げ捨て、
アポロの注意を逸らした隙に遠く向こうへ逃げて行った。

64 名前:邪神スピリットJ:2016/10/23 21:54:34.197 ID:EkIxVLm.0
ユノは、まるで人形のように、硝子玉のような目をして、ただ虚空を見つめていた。
其れを見て、アポロは悟った――ユノは魂を抜き取られてしまったのだと。

アポロに遅れ、其処に辿り着いたディアナとネプトゥーンに、アポロは事情を伝えた。
ネプトゥーンには取り敢えずアポロ達を休ませる為に、安全な郊外まで行かせ、ディアナが独りでユピテルを追いかけた。

65 名前:訂正:2016/10/23 21:56:10.434 ID:EkIxVLm.0
>>58>>61
何故か【剣】になっていた……【鏡】だった…。

66 名前:邪神スピリットJ:2016/10/23 21:58:47.582 ID:EkIxVLm.0
ユピテルは、逃げながらも雷をあらゆるところに発射し、得た【鏡】の力を用い、【幻影】の力を持つ悪魔DBを大量に生み出した。
邪悪な顔貌、不快にさせる臭いと、辺りの動植物を殺す恐ろしい化け物―――。

ディアナは手持ちの武器で其れを蹴散らしながら、遠く向こうを駆けるユピテルを追いかけた―――。

だが、その姿は遠くなり―――そして、DBに足止めを食らっているうちにユピテルの姿が地平の向こうに消え――そして、檸檬色の光が輝いた―――。

ディアナは、その光の眩しさに目を眩ませながらも駆け抜け続けた。

だが、光が晴れた時―――、其処には、何も残っていなかった。
ユピテルの姿形は、全く持って消えていた。

67 名前:邪神スピリットJ:2016/10/23 22:08:42.643 ID:EkIxVLm.0
―――その時、アポロは、ネプトゥーンと共にユノの様子を見ていた。

ユノは、いまだ虚空を見つめていた。
その身体には、邪悪な瘴気が纏わりついていた。

ネプトゥーン「……【魂】が抜かれているうえに、呪いが込められているのね」

アポロ「……呪い?」

ネプトゥーン「昔、竜宮で聞いたことがある―――
       生き物すべてが欲しいとき、魂魄両方を取るのだと
       其の時、魂は引っこ抜いて自身の身体に入れ、魄は呪いで自身の身体になじむようにしてから取り込まさせるのだと――」

アポロ「つまり……あの、緑色の悪魔になじむ身体に呪われているってこと…?」

ネプトゥーン「そういうことになるね……このままでは、ユノの身体がいずれ崩壊してしまう…
       わたしの血を与えても、呪いの方が強いせいで、血の【力】が消されてしまう…」

アポロ「そんなっ、嫌だよおっ…」
そう言って、アポロはユノを抱きしめた。ユノを支えるように―――。

68 名前:邪神スピリットJ:2016/10/23 22:13:16.122 ID:EkIxVLm.0
すると、ユノの身体の瘴気が、すべて消え去った。

アポロ「え――っ?」

ネプトゥーン「此の呪いが、消えた―――?
       此の呪いは、非常に強い魔力の筈なのに―――」

ネプトゥーンの呟いた言葉に、アポロは気が付いた。

あの時、ユピテルの発した雷が自身の身体に届かなかったこと。
自身は風の術が使えない事。

アポロ「そうか―――僕は……特殊な体質だったんだ」

アポロ「僕の身体は、呪術、魔力、精神力――そういった類の力を受け付けないんだ
    いいや、僕だけじゃなく、僕に触れているものも」

ネプトゥーン「!
       ―――もしかして、アポロが天狗の術が使えないのも…」

アポロ「………そう、だと思う」

アポロは、皮肉にも、大切な人が眠り姫となった時、自身の【力】に気が付いた―――。


69 名前:邪神スピリットJ:2016/10/23 22:17:33.640 ID:EkIxVLm.0
ユピテルを逃してしまい、失意の中ディアナはネプトゥーン達のところに帰り、
事の顛末を伝え、またアポロは自身の持つ【力】について伝えた。

呪いの解けたユノは、身体が崩壊することはなくなった。
けれども、【魂】は未だない―――彼女は眠り姫となってしまった。


アポロ「―――あいつが悪いんだ、緑色の悪魔が―――っ!」
そして、アポロたちは名すら知らぬ悪魔―ユピテルをとても憎んだ。

ユピテルの出現によって多くの人間が死に、そして街そのものも燃え尽きてしまった。
そして、ユノの【魂】を奪われてしまった―。

ディアナ「……………俺も、ケリを付けなければならん
     追い付くことさえ、敵わなかった―――」
ネプトゥーン「うん……あの子の【魂】は、残っているから―――」
ディアナやネプトゥーンも熟考していたが、ユノを救わなければならない、という結論に至った。


―――そして、ディアナたちは緑色の悪魔ユピテルを探し、ユノの【魂】を取り戻すことを誓った。

70 名前:邪神スピリットJ:2016/10/23 22:18:27.965 ID:EkIxVLm.0
しかし―――魂の抜けた身体は、【魂】が在ろうとも何れ老い朽ち果ててしまう。

そこで、アポロが懇願し、少女の身体は、【ザン】の血が流され、永久にその肉体を保つようになった。
其れと同時に、アポロも――何時か【魂】が戻ることを信じ、自身も血を飲み、身体の時も止めた。

71 名前:邪神スピリットJ:2016/10/23 22:18:55.662 ID:EkIxVLm.0
―――三人は手掛かりを探し続けた。
狩りをしながら、見つからない手掛かりを探し続け、一つの手がかりを得た。

此の事件が起きてもう少し後、暗黒の生命体とも呼ばれ、緑色の悪魔とも呼ばれる存在が生まれたらしい――
―――けれども女神のような存在が退治したらしい事を。

三人は此の事に関わりが在るのかもしれない――と思い、
其の女神のような存在を捜したが、見つからなかった。

72 名前:邪神スピリットJ:2016/10/23 22:19:13.375 ID:EkIxVLm.0
だが、それと同時に女神として興味深い噂を聞いた。
―――【百合神】の噂を。

真に苦悩した人物――其の対象は、恋の悩みか、復讐が主という―――そういう人物が、
或る時偶然に闇の中に在る神社に辿り着き、適切な布施を渡し、願いを告げ、その女神が了承すると、その通りに叶うらしいと――。

その女神こそが何かの鍵を握っているのかもしれない。
そう思い、三人は【百合神】を探すことを決めた―――そして、【百合神】の噂を、集め続けた―――。

73 名前:社長:2016/10/23 22:19:46.009 ID:EkIxVLm.0
ようやく百合神様登場?
そしてWARSに唐突に出現した滝本みたいなミスを…。

74 名前:社長:2016/10/23 22:27:42.232 ID:EkIxVLm.0
・アポロの能力

アポロ、そしてアポロが触れているものは魔法やそれに準ずるものを受け付けない。
それは受ける分だけではなく、放つ分も―――。
そのため、彼女は天狗としての基本である飛行ができないのである。

簡潔に言えば、一切の魔法は禁じられる―――。
ただし、触れた相手が能力を封じることに対して反撃する力がある場合は、互いの身体は決して近づけない。

例を説明すると―――。
鈴鶴は男に操を奪われるのを防ぎ、吹っ飛ばす――ただし、其れを出来なくするものも吹っ飛ばす力がある。
此の場合、鈴鶴とアポロは決して触れられない。
【力】を封じることに対し、反撃するという【力】があるからだ。

また、魔法を封じるというものはどんなに力が強いものでも封じることが出来る。
あの魔王791のシトラスだろうがなんだろうが、アポロには通じない。
そしてアポロが魔王791に触れれば、魔王791はシトラスなどを唱えられないだろう。

此の【力】の弱点は、物理的な攻撃には無意味である。
そのため、格闘技でも、剣術でも――其の攻撃は防げない。
例えるなら、魔王791の通常攻撃は普通に食らってしまうという事である。

75 名前:邪神スピリットJ:2016/10/31 00:46:11.597 ID:a.I6dVgg0
そして、一つの情報を得た。
彼の因縁の地、【ワカクサ】にて、百合神が人魚を狙う海賊を退治したということを。

なんでも、表向きに宮処たる会議所の人間が退治したと伝えられているが、海賊の舟に百合神の力で破壊された跡があるらしい。


76 名前:邪神スピリットJ:2016/10/31 00:46:43.440 ID:a.I6dVgg0
ディアナとネプトゥーンは、因縁のある処であるが故、調べに行くのは少々面倒だと思ったが、アポロの為に調べることにした。
アポロを隠れ家に待機させ、竜宮で捕まったとしても大丈夫なように、充分な武器などの準備をし、海へと潜って行った――。

海に潜るにつれ、太陽が遠くに見えていく。
竜宮に近づくと、もう水面は遥か遥か遠く上に消えた。

さて、竜宮にて――二人は、捕まると予想していたが、ネプトゥーンが出て行った出来事が在った事、
或る人間と人魚の出来事が元で、以前よりも態度が柔らかくなっており、意外にも歓迎された。


77 名前:邪神スピリットJ:2016/10/31 00:47:16.424 ID:a.I6dVgg0
人魚の長はディアナへの無礼を謝り、ネプトゥーン達は如何するのか、と訊いたが、既にもう地上で長く暮らしているため、地上に戻ると答えた。
人魚の長は、その答えに頷き、ならば如何して此処に来たのかと問うた。

ネプトゥーンは、人魚を狙う海賊を退治した人物の顔を探している、と答えた。
そして予想通り、顔を見た、という人魚がおり、其の特徴を聞き、また似顔絵を描いてもらった。

長く美しい黒髪を携えた、黒い瞳を持ち、巫女服を着ている美しい女性。
傍らには、またも美しい刀を持っている―――。

其れを見聞きし、ディアナとネプトゥーンはその人物が百合神と確信した。
竜宮から地上に戻った二人は、アポロに其の事を教え、対象の人物を探すことにした。
細い糸かもしれないけれど、其れを手繰れば百合神に出会える、そう信じて―――。

78 名前:邪神スピリットJ:2016/10/31 00:52:21.746 ID:a.I6dVgg0
ある日――――ディアナは、マタギとしての仕事を果たしに行った。
とある山の中に大きな羆が現れ、ピクニックに来ていた家族連れが犠牲となってしまった。
腕利きのマタギ達が対処しに行ったが、そのマタギ達も全滅した。

最終手段として、マタギ達から、ディアナに仕事の依頼が来たのだ。
ディアナは、自身の血をザンの力で持ってして作り変えた時に、たった一人だけで狩りをするようにしてきた。

頼る物は自身の力のみ。其の不利な条件で、致命的な怪我も失敗も犯さずにここまでマタギとして生きられた。
その実力を買われて、ディアナに依頼が来たのだ。


そしてディアナは、其の山へと向かって行った。

79 名前:邪神スピリットJ:2016/10/31 00:53:22.602 ID:a.I6dVgg0
―――同時刻、とある小さな鍵屋―――。
百合神――鈴鶴は、其処に居た。

此処は、鈴鶴が援助してきた鍵屋だ。
鈴鶴は、此処を援助すると共に、此処で錠前の取り扱い、製作、その特性の知識と技術を会得した。

そして老人の家族が、羆の犠牲となったことを知った鈴鶴は、様子を見に来たのだ。

80 名前:邪神スピリットJ:2016/10/31 00:53:50.040 ID:a.I6dVgg0
老人「……わしの息子も、その嫁も、孫も一気に殺されてしまった
   マタギが対処しに行っても、そのマタギですら殺されてしまい、未だ山の中に居ると言う………

   鈴鶴……お前はマタギが専門ではないと知っているが、お前の腕で、羆を殺してくれないだろうか……
   お前は、そこらのマタギなんかよりもずっと強いからな……
   わしは、そういった世界は知らん……其れよりも、知っている強さの方を信じたい

   鈴鶴がせっかく目を付けてくれた此の店も、終わりになってしまうのが悔しいが…
   金は、少ないが……此れで、復讐を遂げて欲しい……
   老い先短いわしの、無念をっ……」

鈴鶴「わかったわ……
   技術を教えてくれた恩もあるし、そいつを殺してきましょう……」


81 名前:邪神スピリットJ:2016/10/31 00:54:00.308 ID:a.I6dVgg0
そして、山で、ディアナと鈴鶴は、何の運命の悪戯か、同じ標的を狙う事となった。

ディアナは自身のマタギの知識で、鈴鶴は人殺しをした者必ず解る血の匂いを辿って、羆の居る場所まで進んでいった。

82 名前:邪神スピリットJ:2016/10/31 00:54:17.027 ID:a.I6dVgg0
ディアナ「!」
羆の巣を見つけたディアナは、確実に羆を仕留められるように、巣から800m離れた木の上に昇り、猟銃を構えた。

一方の鈴鶴も、血の匂いから、巣の中に潜んでいる事を察知し、巣の近くの木の影で太刀を構えていた。
其の場所は、ディアナからは死角となる場所だ。
鈴鶴はディアナの存在に気が付かず、またディアナも鈴鶴には気が付いていなかった。

83 名前:邪神スピリットJ:2016/10/31 00:54:35.388 ID:a.I6dVgg0
そして―――羆が巣から出て来た。
勿論――其の巣の近くに居た鈴鶴の匂いを察知し、鈴鶴を喰おうと出て来たのだ―――。

羆が出て来るのを見て、ディアナは銃の引き金に指を掛けた。


飛びかかってきた羆に、鈴鶴は―――。

84 名前:邪神スピリットJ:2016/10/31 00:56:06.030 ID:a.I6dVgg0
鈴鶴「月影黄泉流―――【姫百合】―――」


奥義【姫百合】―――どんな得物だろうと、刀をも断ち切る、月影黄泉流の奥義。

その剣は羆の両腕を切り裂き、そして胴体をすっ飛ばした。
唯の剣術では、出来ぬその技術――。

その技は、自身の刀と共に、相手の攻撃を相手に投げ返す技――。
相手の力を、傷一つ無く受け流し、自身の力を加えて相手に跳ね返す技――。
其れを持ってして、羆を切り裂いたのだ。

85 名前:邪神スピリットJ:2016/10/31 00:57:05.642 ID:a.I6dVgg0
だが―――それと同時に、放たれた銃弾が羆の頭をひとつ、ふたつ、みっつ――貫いた。
いずれも羆の急所を狙う正確な射撃だった。

鈴鶴「!」
鈴鶴は、さっと羆から離れ、銃弾の放たれた方向を見つめていた。


鈴鶴(かなり遠い……腕利きのマタギね……)
鈴鶴は、血の匂いがその羆だけである事、他に羆の仲間がいない事を確認し、辺りの様子を伺っていた。

86 名前:邪神スピリットJ:2016/10/31 00:57:18.386 ID:a.I6dVgg0
ディアナは、その羆の巣の方へ、残党に注意を向けながら進んでいった。

鈴鶴は、ディアナ――鈴鶴にとっては名の知らぬマタギ――が近づいてくる事を察知し、太刀に手をかけていた。

87 名前:邪神スピリットJ:2016/10/31 00:57:31.967 ID:a.I6dVgg0
ディアナは、鈴鶴の潜んでいる木まで近づくと、持っていた猟銃を、懐に仕舞った銃を、ナイフを――、
全ての武器を其の場に捨て、鈴鶴に語りかけた。

ディアナ「……俺の名は、ディアナ―――
     マタギとして、此の羆を狩る為に此の山に訪れ、そして其れを為し遂げた――」

熊の死臭も、血の匂いもすらも飲み込む緊張感が辺りには在った。

ディアナ「もし違うのなら、聞き流してほしい―――
     此の世には、【百合神】の伝説がある

     俺は、いや…俺の家族ともども、貴女(アンタ)に叶えて貰いたい願いがある
     其之為に、俺は貴女を探していた――ずっと、ずっと―――」


88 名前:邪神スピリットJ:2016/10/31 00:57:48.885 ID:a.I6dVgg0
鈴鶴は、其の言葉を聞き、抜身の刀を構えながら、ディアナの前に現れた。

ディアナ「!」

鈴鶴「…………貴女は、わたしが【百合神】だという事を前提に話しかけた
   そして、武器を態々捨てたのも、わたしを狙いに来たことを示す―そういう事ではないみたい―――」

鈴鶴は、刀を鞘に納め、ディアナに歩み寄った。

89 名前:邪神スピリットJ:2016/10/31 00:58:15.853 ID:a.I6dVgg0
鈴鶴「そう―――わたしは【百合神】――――
   しかし、何処でわたしの人相を聞いた?」

ディアナは、【ワカクサ】の海岸での出来事を話した。

鈴鶴「なるほど―――分かったわ……
   そうまでして、わたしに逢いたい―――其処まで願い事を聞きましょう
   ただし、わたしの正体を漏らさないと確約してほしい―――もし守らなければ、願いは叶えないし、貴女を――」

ディアナ「勿論、確約する――」


90 名前:邪神スピリットJ:2016/10/31 00:58:28.221 ID:a.I6dVgg0
そして、ディアナは願いの内容を伝えた。
緑色の悪魔の事、ユノの事。何処かに二人が消えてしまった事。ユノの魂を救い出したいこと。
百合神は、確約は出来ないが、その少女を見せて欲しいと言い、ディアナの隠れ家へ向かった。

91 名前:邪神スピリットJ:2016/10/31 00:58:59.122 ID:a.I6dVgg0
ネプトゥーンとアポロは、百合神が本当に来たことに驚いていたが、直ぐに其の顔を真剣なものにし、ユノを見せた。

百合神は、ユノの様子を見た。
百合神はしばし何かを考えていたようだが、直ぐにディアナ達に向き、真剣な顔つきで言葉を紡いだ。

百合神「……………成程、願いは理解したわ―――引き受けましょう、願いを叶える事を―――
    ただし……此の事は、わたしにはいろいろと抱えている事情もあるから、今すぐには引き受けられない
    時間がかかってもいいならば―――」

ディアナ達は、迷わず其の言葉に頷いた。

92 名前:邪神スピリットJ:2016/10/31 00:59:30.863 ID:a.I6dVgg0
百合神「分かったわ…時間が来たら、貴女達の処に来る――必ず
    長い時間、待たされるかもしれないけれど、お願いだから信じていて――

    必ず、叶えるから―――」

そして、百合神はディアナの隠れ家を出て行った。

其の背中に、願いから逃げようという意志は感じられなかった。
絶対に叶えるという、心強い意志を秘めていた背中だった――――。

93 名前:邪神スピリットJ:2016/10/31 00:59:50.343 ID:a.I6dVgg0


                   邪神スピリットJ 完


              To be Continued――――――集計班の遺言

94 名前:社長:2016/10/31 01:01:17.481 ID:a.I6dVgg0
奥義【姫百合】は相手の動きに合わせて切るカウンター技。
過去の描写と矛盾するかもしれないけど気にしてはいけない。

95 名前:きのこ軍:2016/11/01 23:53:38.585 ID:aBfQOwy6o
乙乙。百合神様との邂逅のシーン、いいね。

96 名前:社長:2017/01/19 00:25:17.173 ID:i8ruWCxw0
※この物語は霊歌さんの『Eden of the lily girl』『花咲き誇る世界で』
滝本さんの『きのたけWARS』の設定を滅茶苦茶とは言わないまでも割と使ってます。多分。
そのため物語内の設定と矛盾してるところがあるかもしれませんが
そこは目をつぶってパラレルワールドかなんかと思ってくれて構いませぬ。

97 名前:集計班の遺言:2017/01/19 00:25:51.385 ID:i8ruWCxw0


              集計班の遺言

98 名前:集計班の遺言:2017/01/19 00:30:20.861 ID:i8ruWCxw0
K.N.C.???年、何処かの神社――――。

其の、蒼い目をした、悩める者は、百合神(ツクヨミ)を探していた。
百合神は、悩みを持つものが、どうしても百合神に頼みたい悩みを持つものだけが入れる、闇に居るという。

生半な人間など、そこに入ることすらできない。
その入り口は誰にも見えるけれど、見えることはない。

99 名前:集計班の遺言:2017/01/19 00:34:10.638 ID:i8ruWCxw0
其処に辿りつく為の扉は、悩みがなければ開かない境に隔てられている。

どれだけ探しただろう?
どれだけの路を辿ってきたのだろう?


悩める者「―――!」

―――そして、彼はついに百合神に願いを託せる、闇の中の神社を見つけることができた。

100 名前:集計班の遺言:2017/01/19 00:42:32.105 ID:i8ruWCxw0
辺りは暗黒の宇宙が広がり、その中に神社が立っている。
それは小さな神社だった。
まるで人が一人しか住まえないような小さな社に、小さな砦、小さな賽銭箱――。

けれども、彼は直感的に其処が探し求めていた場所であると理解していたため、言葉を紡ぐ。

悩める者「ようやく―――ようやく、この場所を見つけることができた
     願いを聞いてほしいのです―――」

跪いて、百合神に願いを告げようとする彼は、心から其の女神へ願いを告げた。


235.50 KBytes  
続きを読む

掲示板に戻る 前100 次100 全部 最新50
名前: E-mail(省略可):

read.cgi (ver.Perl) ver4.1 配布元(06/12/10)